活動記録

研究日誌です。自分のための記録です。

2019/03/11 グラスマン数って何?恋人はいるの?調べてみた!

予備審査の記事以降、更新をサボってしまった。 あの後、年明けの公聴会を経て無事に学位申請を認めていただき、博士号を授かりました。 ありがとうございました。

以下、記録

色々あり、半導体中の電磁場の有効作用を求めようと思った。 電磁場は初めてなので、先ずはラグランジアンを吟味した。 そして、誘電率透磁率が真空とは異なるときのMaxwell方程式を導くラグランジアンが手に入った。 これは誘電率透磁率が空間依存してても対応できる。

また、非相対論的な電子についてのラグランジアンも求め(これは直ちにわかる)、さらにゲージ原理から電磁場との相互作用の形がわかった。

手元の教科書をいくつか見たところ、Grassman数(初めて使う)の定義が何種類かあることに気づいた。 グラスマン数の積分をcとしたとき、c=1とするかc=iとするかである。 状態(もしくは場の演算子)の位相のようなもので、計算結果には影響しないんだろうけど、なんだかスッキリしない。 そもそも、Grassman数の積分が何なのか理解できない。もっと基礎に戻ると和や積の正体がわからない。 計算のツールとして割り切るべきか…?